いつまでもアドバンスド

もう何年もラジコン飛行機を飛ばしていますが、あまり上達しないうちに飛行機を墜落させ、ブランクがあり、何年かしてまた飛ばしだすの繰り返しで いつまでもアドバンスドのパターンばかり練習しています。

カテゴリ:パーツ > ESC

今日から仕事ですが、朝から長男家族を「キティちゃんはるか」の駅まで送り届けて、ふと平日だと気付きまして免許の更新に行くことにしました。
許せる範囲の混み具合で、優良講習を受講してきました。
最近乱視が進んで、視力検査がすごく心配でメガネを持参して臨みました。
両目で0.8 片目0.5   裸眼でちょっと霞んでましたがなんとか当たりました。
次の問題は深視力 深視力は3回で2cm以内なんですが
5年ぶりでダメかと思ってましたが 1回目0.8cm 2回目0.2cm 3回目0.3cm
結構見えてるし
無事運転免許更新完了、帰りに仕事の用事を済ませて飛行場が冠水していないか心配で飛行場にJYALAさんが強風の中飛ばされていました。
16時ごろになると西陽が目に入って左側機体の姿勢が見難いですね。 
IMG_6739
盆休みは長男家族が帰省していたので、孫守り
水浴び、ラジコンカーで遊んで 別れ際 ぎゅーっと 孫は可愛いね

そんな合間で色々考えることが ガバナーってなんだ
ガバナーってなんだ ガバナーって言葉だけひとり歩きしているような気がします。
ブラシレスモーターなのでESCはモーターの回転数は分かってるはずですが
今までのESCのプログラムはどんな処理をしているのだろうか
単に電流ループだけだとあんなに回るのかな ガバナーって言われてるのは速度(回転)制御ループとの2重ループになっていると思いますがPとIにもよりますが指令に対してそれ程きっちり回転制御している訳でもなさそうです。
フリーのESCのプログラムを参考に自分なりのESCを考えてみたいと思います。
ガバナー
検定会や大会では受信機電圧以外のテレメトリーは使えませんが、回転数、電流、温度等データ取りしてガバナーの良さを分析したいと思います。


 

MONOLOG 400 F3A、アンプ搭載位置を変更しました.
うまく固定できないので、ベニヤでアンプ取り付け台を製作しました.
バッテリも若干後ろよりになり、メカルームもスッキリ.

Cimg0932Cimg0934_2

取り付け前         取り付け後
Cimg0936
TURNIGY TRUDTのフルスロットルの設定は、固定のようです.
スロー位置が決れば、適当な位置がフルスロットルになるようです.
AFR100%D/R75%で54Aですが.試しにD/Rを70%にすると49Aに下がりました.

MONOLOG400F3Aに使用しているアンプ TURNIGY TRUST 70ASBECについて

Cimg0922_4 Cimg0923_2
上が45A(60g) 下が70A(72g)です.MONOLOG400には70Aを使用しています.
モーター側コネクタは3.5mmのものがあらかじめハンダ付けされていますので小型用ですね.
Cimg0929
説明書も添付されていますが一部誤記がありました.
5.Low Voltage Protectのメロディが異なります. 鉛筆書きのようなメロディになります.Ignore,Reuce power,Stopの順は同じですので何度目のメロディかで判断しても大丈夫です.カットオフ電圧は3.2V/cell固定で変更する事が出来ませんので カットオフ電圧になると電池の残量はほとんど0ですので、すぐに着陸する必要があります.
 アンプの設定は、スロットルをフルハイにして選択したいメロディでフルスローにします.後は毎回電源を入れ直してひたすら繰り返します.
最初フルハイにする時プロポのAFR D/R等は100%にすれば、記憶するようです.
確証はありませんので、近日実験してみます.
若干発熱量は多いようですが、定量的に見れなかったので、こんなもの入手しました.
仕事でも趣味でも威力を発揮しそうです.
Cimg0928_2 Cimg0925
ピストルの様に引き金を引くとレーダーポインタでマークされたポイントの温度を測定できます.
MAX AVE DIF Hihgアラーム lowアラームなどがあります.

↑このページのトップヘ