ミトスS125E ニシオカ ジュラルミン製主脚をとりつけました。

S1000004

標準タイプが 180mm高 ロングタイプは200mm高です。今回はペラのクリアランスが欲しかったのでロングタイプ(ミトス標準は180mm高)

 

 

取り付け穴等の加工が若干必要ですが、写真は後ほどアップします。(4月1日up)

・APC21インチペラでクリアランス8cm-10cm程度 地面に当たらなければカーボンに
・3cm程後退しています。少し格好良くなりました。
・風で機体がかなりゆらゆらしてました。柔軟性もある様です。
S1000003  S1000006
本日、お留守番なので、ついでに記念撮影。スピンナーがないので不格好です。こんなの着けたいなー
S1000007  S1000008
さらについでに体重測定 風の影響で正確には計れませんでしたが約4935gです。
S1000002_2
脚の加工,
材質は24Sジュラルミン A2024P超ジュラルミン製で硬い素材です。
水研ぎパフ鏡面仕上げで非常に奇麗です。重量120gです。カーボンより20g増
ミトス標準脚より6g軽量です。
Cimg1698  Cimg1699
機体中央側、前方向に5mmオフセットその穴から28mmに機体外側に2カ所目。
いつも通りマスキングテープを貼りポンチで中心を決め4mmのボール盤にて。
外側は元の穴と近い為、長穴になりました。後退オフセットは約3cmです。
Cimg1701  Cimg1700
使用レポートは後ほど