SUMMIT 100HV
V2と Summit 100A lightのパラメータの設定で
モーターポール数とタイミングについて補足説明します。

モーターポール数とタイミングをメーカーに問い合わせると以下の回答が返ってきました。
モーターポール数は、タイミング設定がオートの時に進角を自動で調整する為に使用する様です。
DualskyやFUTABAのダイレクトモーターの場合は減速比は1倍なので問題ありませんが
リダクションモーターやコントラ モーターの場合はモータ自身のポール数を入力して下さい
ほとんどの場合10ポールだと思います。
デフォルトではポール数設定は28、タイミング設定は15度になっていますが、
ポール数をリダクションやコントラ なら10ポール、ダイレクトなら14ポールと設定して、その上でタイミングをオートに設定して下さい。
また予め最適な進角がわかっている場合、角度を入力することもできます。
と言う事でした。

XM6355DA-25 version4の時の設定です。
この時はまだ、タイミングはAutoでなく15度になっていますが これから設定される場合はポール数を入力してタイミングAuto設定をお勧めします。
6FCFD9FA-C267-4EC6-B961-A26762E5B87E

メーカーからポール数についての回答が来る前の50ベルトコントラ の設定でポール数はまだデフォルトのままです。
全く問題なく飛んでいましたが、正解はモーターポール数は10です。これ以外はこれで良いと思います。
Low Voltageは2.8Vから3.0Vでお好みで決めて下さい。
A2A29CFC-B5A7-4C88-9C76-85AB207091C2
ポール数やタイミングを変えてどの様に変化するのでしょうか楽しみですね。

SUMMIT 100HVV2やSummit 100A lightはどこも在庫切れの様です。
もう少しの辛抱ですね。