今日はKMAのF3A勉強会
午前は座学 午後から実技 そこで3機ほど静電気の帯電測定をさせていただきました。
概ね400V程度まで、一機だけキャノビー部が+1900Vに帯電している機体がありましたがその機体内部はほとんど帯電していませんでした。

静電気が帯電していたとしても、どこかに放電しない限りノイズは出ないと思います。
まして空中を飛んでいる飛行機内で放電するのもあまりないのでは

サンプリング数が数機ですので なんとも言えませんが、キャノピー部の帯電が多いようです。
材質にもよるのかもしれません。

静電気が悪の根源のように言われていますが、因果関係はないとは言えませんがあまり神経質になることは無いかと、ユーザーとしてはノイズ対策きっちりして飛行させるしかなさそうです。
あまり深入りしても不安を煽りたてるだけかと思いますので静電気の件はこれで最後にします。